katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

お国のため

もう劣化したお題。


迷走する内閣、<脱官僚依存>を掲げる現政権を誕生させた最大の確信犯は自民党そのものだ。


つい最近も、福岡2区で前総選挙で落選した代議士が今度は参議院選に立候補しようとした件、お粗末そのもの。


こうした御仁を党の重鎮、副総裁として遇してきた風土が、今の自民党退潮の最大の原因だろう。


おかげで、ただただ連立を組んだというだけで与党になった、見たくもない泡沫的な政党の党首の顔を見せつけさせられる苦痛、そのトーンアップした声を聞かされるストレスのはけ口をどこに求めればいいのか?


先の御仁、<お国のために、参院に鞍替えしてご奉公>したいとの弁。


一般には、アホな発言と思われる事を平気でのたまう、感覚には閉口させられる。


さすがに谷垣総裁、参院選の公認は断ったようだが、今度は離党し、国民新党から立候補するらしいとのこと。


ここに至っては、救いようが無い△△だ。


いっそのこと、政敵の党首と抱き合い心中でもしてくれれば、それこそ<国士>として崇められるだろうし、<お国のため>になる。


 

広告を非表示にする