katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

喜び組と同じ体質

小沢氏の周辺に強制捜査が入った。


民主党は<小沢氏が、違法なことはやっていないといっているから、違法性は無い>との見解を出す。


この論法、昔どこかで聞いたことがる。


社民党女性党首、北朝鮮に確認をしたら(拉致は)やっていないと回答があったから<北朝鮮による拉致の事実は無い>と公言していた時の論法を想起させられる。


某国の将軍様の如き権力を集中、掌握した民主党の小沢先生、先の民主党議員を大挙率いての訪中は、民主党議員を<喜び組>に置き換えると、その構図が某国とそっくりだ。


また、先の、鳩山首相所信表明演説時や予算委員会での同党への応援野次を思えば、民主党社民党のの体質はまさに<喜び組>そのもの、小沢氏は将軍様と言うことか?


今度は、この将軍様、どんなカード切ってくるんだろう。


野党の諸君は、これにどう対峙するのか?


官僚支配の脱却をめざす民主党、思えは検察庁も官僚組織のひとつ?


そうなるとこの戦争、冷や飯組み(官僚)VS民主党小沢幹事長)の構図も見え隠れする。


この戦争の過程では、当然、鳩山氏の偽装献金問題も浮上するだろう。


戦慣れしていないボンボンはどういう作戦で対応するのか?


見ものだ。


 


見ものだ。

広告を非表示にする