katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

行ってきた台中市の漢方医

<向上中醫診所>


全民健保特約診所・意外保険特約診所の看板があって、さしずめ保健医療診療所といったところか。


脈を測られながら即、診断。


<腎臓が良くない>


<肝臓が弱っている>


<肩が凝っている>


<便秘は?>


<短気ですか?>


これではかなり重篤な病人の一歩手前だ。


左右の手首の脈を見るような診察すること1分。


横にある長い診察ベッドにうつ伏せなり、生まれてはじめての<鍼>を受ける。


最初は<チクリ>とわずかな感触があったが、これが結構気持ちが良い。


ベッドはうつ伏せになった時に顔面が当る部分がくりぬかれ、どちらかといえば<鍼>の効果も手伝って快適状態。


その間、先生の診断を考えてみた。


活火山の<乳頭状皮膚炎>はストレス性のものだ。


ストレスを極度に感ずること>イライラ>短気の構図が浮かび上がる。


便秘は、腸内に排便されない便が残っていることのようだ。


活火山、いたって<通じ>は良い方、宿便が残って当たり前じゃろうが。


そんなこんなを思いながら、<鍼>の時間はあっという間に終わる。


先生の最終診断、


<簡単に治ります><1週間からせいぜい1ヶ月>


日本では、クリニック、町内の病院では、アレルギー検査、抗体検査、ETCをやり、順天堂で診断された病名が<乳頭状皮膚炎>。


御茶ノ水に通院すること2ヶ月に一度、もう2年近くなる。


御茶ノ水の主治医は、結構時間が必要なことを言っていた、活火山の<乳頭状皮膚炎>を、いとも簡単に診断している。


この異国の名医の言葉を信じて帰途へ。


短期間に症状が改善出来るのか、半信半疑。


そして、期待も。


それにしても、処方された漢方薬は量も多く、そして苦い、にがい、ニガイ。


 


 


 

広告を非表示にする