katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

この時期にまた中国が!火事場△△か?

この時期にまたもや中国の挑発が。


まだ骨折が完治しない活火山、片手打ちの入力はしんどいのでリンクで。


<中国ヘリが異常接近、日本政府「この時期に非常に遺憾」>産経紙


<中国ヘリが海上自衛隊護衛艦に近接飛行>


日経新聞


今度は航空機が異常接近 中国国家海洋局、3月以降3度目


活火山、日本には、<火事場泥棒>という表現があることを認識している。


ともすれば、東日本大震災で受けた中国の支援に惑わされがちになる日本人的思考と論理は、共通の文化と価値観を共有しない彼の国には


通用しないこと、さらには外交・安全保障の根本は、メロウな情緒・観念の論理をはるかに超越した冷徹な国際秩序と歴史的事実に裏付けされた


国益を追求する国権であることを、たとい、未曾有の国難の時といえども忘れてはいけない。