katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

台湾の歩き方、在来線でいく台南~台中

台湾の歩き方、在来線でいく台南~台中

台湾へ観光で来られる方の、台北~桃園~台中~台南~高雄の移動はほとんどが新幹線(THSR)をりようするようになってしまいましたが、台中~台南~高雄 間を従来線でノンビリト行くのも結構楽しいです。

 

特に進行方向へリクライニングになる車両、JRでいえば、指定席券でいく列車の移動です。車窓から眺める田園風景はどこか日本に似てます。 時には停車した駅の構内の片隅にたたずむ古い木造の建造物が見ることがあります。かって日本のローカル都市の駅の周囲で見られた、いわゆる国鉄の官舎(社宅)で木造のものと大変雰囲気の似た建物ですね。おもわず、こんなのがまだ残っていた事に驚かされ、懐かしくもなります。

 

台南~嘉義の田園風景は、 日本人、八田與一土木技師による我々日本の偉大な先人達の努力、情熱によって造られた【烏山頭ダム】から配される灌漑工事による賜物です。 そして【嘉義】は、評判の映画【KANO】の舞台です。 映画で青木 健が演じる、札幌商業のピッチャーがフィリッピン戦線に向かう途中、錠者博美陸軍大尉が【嘉義農林】が立ち寄る場面がよみがえります。ほんの数時間の旅で思わぬ発見ができると思います。


zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz
facebookページ【近代史料箱】 について
zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz 
最近【捏造慰安婦問題を糾す日本人有志の会】 のグループページで会員諸氏の投稿される添付史料を積極的にfacebookページ【近代史料箱】へシェアしてます。会員諸氏がお手元に持っていた史料はどれも皆、大変な輝きをもっています。この史料が多くのコメント投稿と一緒にタイムラインに埋没させるのはどうかと思いたってのことで、どういう形になるものか、見当も付きませんが、試行錯誤を重ねれば何らかの形が見えてくると考えています。

最近、動画の投稿ではじめての経験をしました。
投稿文が、数時間後に消えてしまいました。あまり気にもとめなっかたのですが、どうやら次の投稿条件に合わなかったのが理由とわかりました。 <ローカルコンピュータ保存動画のFBへのアップロード条件は<アップロードできる動画ファイルは、大きさが100MB以下、長さが2分以下であるもののみ>だそうです。皆さんお気を付けてください。

動画のコンテンツについてです。動画はYouTubeなどのサーバーに保存されているものは、著作権者から要求されればすぐに削除されます。オリジナルコピーを持たない限り、そのコンテンツは見れないことになります。会員諸氏の史料は、現在の活動が成就されるまでは、なんとしてもその史料価値を保たせたいと思うのは、活火山ひとりではないと思います。ぜひとも、DVDへコピー保存をされる事をお勧めします。