katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

台湾のジムの風呂で思う事 少しは気ぃ使えよ(怒!) その参の予定を変更して今夜は【櫻井よしこ】氏で

今週も本当にアツです。 熱帯です。 <暑い>でなく<熱い>です。 熱燗の<熱>がピッタリンコの高雄です。

 昨日のブログで紹介しました、青山繁晴カリフォルニア州サンノゼレポート、Twitterで拡散したしたら、かなり反響がありまして、11人の活火山のフォロワーさんが<リツィート>してくださりました。やはり日本人、気持ちは一緒です。皆で力をあわせ、政治が前面に立つまで、個別対応のモグラタタキをがんばりましょう。 
サンノゼの生徒諸君、がんばって、耐えてください。 もうすぐ、大人が政治を動かすから。それまでは、日本の大人は、諸君の心と共に居る。 大人は生徒諸君の身方であることを忘れないで欲しい。

Facebookの関連をもう一件、【捏造慰安婦問題を糾す日本人有志の会】 に入会承認をいただいて、もう4,5ヶ月くらい過ぎたでしょうか。会員の皆さんは、皆篤い志の方ばかりで、魅力的なSNS上の【友達】もずいぶん増えました。この会のご縁がなければ、 恐れ多くて【友達申請】なぞおこがましい方まで【友達承認】していただき、本当に感激してます。

そんな中、活火山のアイドルともいえる、 素敵な女性がこの2,3日連続で投稿されているの見て大変感動しました。
 
以前、 Twitterで、フォローしようと思ったのですが、この方はすでにTwitterでささやくような事はとっくに辞められていたのでしょう。 2つ3つある彼女の応援グループが、運営しているような状況で、活火山、やむなく傍観してました。 ブログのほうも、 オフィシャルブログ のような構成になっていて、 活火山ごときの無頼が闖入する事をはばかるような凜としたものが漂い、気後れをしていたものです。

遅くなりました、そのお方は、【櫻井よしこ】 氏です。風雪寒風を耐えて早春に慎ましく清楚に、そして武士の娘のように凜として咲く寒梅は、いつ頃からか、活火山が一方的に作り上げた氏へのイメージでした。

 ところが、この2,3日の投稿が、ごく普通の女性の日常で、水彩画ような味あいになっている印象、忙中閑だったのでしょうか、とても和やかな表情が想像できる投稿に接することができ、即<いいね> でした。