katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

ついに登場!「Yahoo! ノルマンディー上陸作戦」

ついに登場!「Yahoo! ノルマンディー上陸作戦」、 今日は「 ノルマンディー上陸作戦」がトレンディワードだそうです。
 
そうです、 【D-Day】ですね、6月6日。 ジョンウェインが思い浮かびます。

ヘルメットを前下げにして顎紐(バンド)を絞めないで垂らし(これが正常)、 くわえタバコ(葉巻)ここは定かではありませんが。。。
テーマ音楽【The longest day】。
聞いていると、ハイに、 アグレッシブになります。
 

ベトナム戦争が終ってから、この手の上陸作戦が展開されたのは、すでに鬼籍に入られた【鉄の女・マーガレット サッチャー】元首相の、英国軍によるフォークランド島上陸作戦くらいでしょう。 勝利したとは言え、英国海軍は、アルゼンチン空軍が撃ち放った一発50万円か60万円のエクゾゼミサイルで駆逐艦一隻を沈没させられましたが、勝利。

 

駆逐艦といえば、大体が100億前後です。 これが50万円のミサイル一発でパーですから、 英国海軍の悔しさは日本人の私でも理解できます。 でも英国海軍は伝統と格式それに装備でAクラスなのに、必ずやられますね。 大東亜戦争開戦時、英国東洋艦隊の最新鋭戦艦【プリンス オブ ウェールズ】は僚艦【レパルス】と共に、帝国海軍航空隊による電撃と爆撃攻撃で、マレー沖で沈没されています。

 

戦後数十年を経て、 三菱自動車が英国本土に組み立て工場を建て, 竣工式の祝賀の沸き立つ会場の貴賓席にたたずむ王族の来賓の一人に、 御付の方かどなたかが、ささやいたそうです。

 

【殿下、あのプリンス オブ ウェールズを沈めたのは日本の海軍で、彼らが乗っていたゼロ戦はこの工場の三菱と同じ三菱が作った戦闘機ですぞ】。 光景が目に浮かびそうです。

 

最後にこのテーマ関連して。 近未来で起きるであろう上陸戦の当事者は、実は日本でしょう。

これからの軍事作戦で、【ノルマンディー上陸作戦】のような大規模な上陸作戦は中国軍の台湾上陸をのぞけば、 ほとんど想像できませんが、どこで起こるでしょう? 


近未来で起きるであろう上陸戦の当事者は、実は日本、 竹島尖閣諸島です。

 

この小さな島嶼に上陸作戦は、 数時間で決着するでしょう。特に尖閣の場合は、 狭い東シナ海では【ノルマンディー上陸作戦】のような大規模広域がたの戦力展開は、 物理的に不可能です。 中国海軍が総力をあの海域に投入、展開作戦は不可能です。 もしやれば、再び日清戦争黄海開戦の再現で、中国海軍は完全消滅。 

これこそ世界への、 日本からの最大最高の、平和メッセージになるでしょう。そ して、これを踏まえれば、韓国は、熨斗を付けて、 日本へ竹島を平和りに日本へ返還するでしょう。  楽しみです。