katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

台湾人の味覚

abd44466.jpg


katsukazanは、台湾人は味覚音痴と思っています。
これは一般の日本人からすれば、「こいつ馬鹿言っている」と言われそうですが、 間違いありません。嘘だと思う方は、台湾で【日式】と書かれたお店で、 味のいい店に合える確立はかなり低いはずです。

知っている台湾人で、 その人が美味しいという店は、100%katsukazanには耐え難い味でした。 一方、katsukazanがうまいという店は、不味くて食べられないと言います。

割烹という範疇の著名な日本料理屋で出てきたキンピラごぼうを見たとき、 ごぼうの客家料理かと思いました。 器の中の調理油の中でごぼうが泳いでいました。

著名な台北台湾料理の某店では、 台湾料理は、確かに旨いです。 著名な店だけに、 日本人の客が多いのでしょう、日本人定番の、 マーボー豆腐、 酢豚、 八宝菜、 海老チリ等のメニューが出ています。 ご招待された時に、katsukazaのためにオーダーしてくれましたが、それはそれはイイ味でした。

日本の少々不味い中華・ラーメン屋で食べる野菜炒めの方が数段上です。

そんなわけで知らない店では食べない主義です。 

高雄の二店、 最近台中でも三越の中にできたという噂です。 台北には3店以上あります、【花月】はかなり忠実にマニュアルの味を維持している店です。

ただ、katsukazanの好きな【味噌ラーメン】は調理温度が低すぎで、 リクエストしてもだめです。 味噌系の味に関しては、 台湾独自の文化あるのでしょう。 これはまたいずれの時の話題にしましょう。

そんなわけで、 花月ではもっぱら、【げんこつラーメン】です。
広告を非表示にする