katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

中国が如何にトロイかがわかります。

fbbfb8fb.jpg
     習近平

中国事情に詳しい作家の宮崎正弘氏は「一番大きいのは米国の圧力だ。中国は『自分たちが何をやってもいい』と錯覚していたが、だんだん違うと分かってきた」と指摘する。 引用ZAKZAK2014.08.27 http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140827/frn1408271820008-n1.htm

記事は、中国が日本に歩み寄りを見せている報道記事での引用です。


妄想にとりつかれた中国の赤い皇帝、習近平は、内にあって江沢民上海閥との死闘を展開中。 空軍、 海軍は、この20年近い間、 陸軍だけが利権の賄賂で太るのを横目で魅せつけられてきました。

これが、この3年、4年くらい前から、海軍力、空軍力の近代化と整備増強の政策でようやく利権にありついた海 空軍は、存在感を見せるために、国際慣例を無視した(実際は、無視では無く無知)挑発を繰り返しております。

ここで注目したいのは、直近の挑発行動が政府中枢の把握する中で実行されたものかどうかです。


2014年5月30日~6月1日のアジア安保会議では、中国軍高官が冷笑を浴びせられ、反中国で会議が一方的に進行しました。

その後予定途中でベトナム海域での石油掘削調査を切り上げるなど、不可解な行動、直近では頻発する空軍機によるスクランブルで異常接近を繰り返す中国空軍の行動は、中央政府の統制外で行われている可能性が高いのでは、思われます。


7月にハワイ沖で行われたリムパックには、中国が招待され合同演習を展開中の公海上で中国海軍の情報収集艦が確認され、リムパック実行総司令官が異例の、しかも揶揄めいた声明の発表になりました。


文頭に戻りましょう。核兵器を所持し、国連なる連合国の常任理事国の一国である中国政府自体の知的水準が、錯覚で周辺国に19世紀型の帝国主義的覇権を行使する様は、まさに妄想に等しい。

 

■■■ブログ投稿ソフト【WordPress】での投稿newサイトリンクです。PC・スマホ対応です

■■■Googleで<高雄><スービック>のキーワード検索結果⇒姉妹ブログがTopPageの No.2, No.3にランクイン