katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

人工島へのミサイル設置

アメリカの次の一手

FOX NEWSは、2月16日、自身の衛星写真から、西沙諸島パラセル諸島ウッディー島(英語: Woody Island)に支那・中国がミサイル(地対空ミサイル)を配置した画像をニュースで配信しました。

f:id:kazan105:20160218174453p:plain

kazanに教えてくれたのは、経済評論家上念司氏が運営しているメルマガです。

 

おりしも、アメリカ西海岸へオバマ大統領がASEAN10カ国の首脳を招いて会談をし、対支那・中国包囲に向けて、一致した見解を導き出そうとしたのですが、この試みは、一部の国の反対で、失敗に帰しました。

 

アメリカの次の一手が気になるところです。

今回の試みでは、従来よりも、大きな懸念と圧力を期待する、一連のオバマ外交の一環とした口だけ番長の<口撃>路線から多少は前進したものですが、それを見透かした様に、支那・中国は、ミサイルの配置という形に打って出ました。

10月の26日の開始したイージス型ミサイル駆逐艦ラッセンによる南シナ海で航行の自由作戦実行時のヘタレな支那・中国がミサイル配置にさた背景に、どんな環境の変化があったのでしょうか?

その答えはどうやら、北朝鮮のミサイル発射に大きく関連してるようです。

 

米国は、南シナ海からは、中国の撤収を求めています。

一方北朝鮮の暴発には、中国が、責任をもって北朝鮮の暴発を制御させたいのが本音でしょう。

北朝鮮と中国の関係は、昨年の張 成沢(チャン・ソンテク)氏処刑問題で、北朝鮮への窓口を壊された中国と北朝鮮の関係が悪化したかのように伝えれておりますが、実態は異なるようです。

支那・中国にとって、分断された朝鮮半島の形は、防衛上も好ましいことであり、対北朝鮮カードを国際社会へ見せてその存在感を示す格好の舞台のです。

すくなくとも、北朝鮮の、核兵器が中国を脅かすリスクが無い限りは、支那・中国ににとって現状は有効であり好ましい。北朝鮮の国民や国の体制はともかく、指導者である金正恩とその取り巻きが、不自由なく行動できる経済的な援助くらいは得られるメリットを考れば、安いものです。

 

米軍の戦闘機配置(「赤旗」 ウエブ版)2016年1月31日

反対に、北朝鮮の核実験とミサイル発射をさかいに、米海軍の動きが活発です。

 

f:id:kazan105:20160218174426p:plain

アラスカ ⇒ 横田基地 F22x14機    F16 x 6機

アラスカ ⇒ 嘉手納  F16 x  5~6機

岩国・横田 ⇒ FA18, AV8B  合計15機

嘉手納 ⇒ グアム F15 x 20 機程度

 

またAPF=時事では、F22 x 4機が2月17日韓国ソウル(Seoul)近郊の烏山空軍基地(Osan Air Base)に飛来した。核実験やミサイル発射実験を行った北朝鮮をけん制するためとする報道もありました。

 

上段の「赤旗」は俗にいう、「頭がひまわり状態」で米軍基地問題・騒音問題として報道されている記事ですが、アメリカ軍は口だけ番長のオバマ大統領の判断は別に、北朝鮮へは、軍事介入前提の動きが垣間見えます。

これからすけて見えるのは、アメリカが北朝鮮を牽制すれば、南シナ海支那・中国が牽制をかますとい構図です。

それでも、武力衝突極東アジアでは起こらないというのが一般的なのでしょう。 日本にとって、北朝鮮から飛来するミサイル対策がほぼ完全であれば、支那・中国の尖閣諸島への武力侵攻がないかぎり、現在の均衡は維持できるということなのでしょう。

平和国家の憲法というものは厄介なものですね。

 

そして北朝鮮の核施設を破壊できないアメリカである限り、支那・中国の牽制は止まらないでしょう。 相手が何かすれば、引き下がるのが支那・中国です。 そして黙認すれば、「ああ。良いんじゃない?」の感覚で牽制を実効支配を繰り返します。

動画・青山繁晴・米中のにらみ合い


ミサイル配置パラセル諸島

 

広告を非表示にする