katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

古来から変わらない政治体質

臭いものには蓋、民は之に由らしむべし、之を知らしむべからず(たみはこれによらしむべし、これをしらしむべからず)と読みます。

その典型が、3.11の福島原発事故の時の菅政権です。

そして東京電力は、自らの管理能力無さを露呈しました。

kazanは原発反対派ではありませんが、この隠蔽体質には怒りを覚えます。

当たり前でしょう、マニュアルに記載されていることすらトボケられ、子ども騙しの言い繕いを並べた東電菅内閣

菅内閣の責任追及は当然されるべきで、昔より変わらない「知らしむべからず」には怒ります。

この情報化の時代、国民の知る権利を、露骨に隠蔽する体質には辟易させられます。

国民はそれほど馬鹿ではない。

その証拠が、現在の自民党議席数で示されている。

東京電力にしても、こんな体質の会社の危ないおもちゃを管理させるのは、どうかと思うくらいです。

先日、検察調査会の関係東電旧役員の強制起訴を報じられています。

kazan105.hatenablog.com

現役時代は、まさにノーリスクのお花畑で、150メートル離れた奥座敷へそれぞれが黒塗りで足繁く通い、便宜的とも言えるリタイヤで関連企業のに天下る。

多くは天下って、マスコミの手の届かない海外へ諸共に赴任する姿は、あまりにも浅ましい。

こんな人品卑しい人間が紳士面して、銀座に通ったとすれば、噂通り、奥座敷の敷居も金次第ということか。

そのうち、爆買いの支那人が夜の銀座も制覇するかもしれないですね。

辛抱治郎氏が熱くなって、話します、11分です。

 

 

とぼけるな東電電力・菅内閣