katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

今日台湾は228の日

228事件

台湾の2月28日は228、あるは2.28の日になっています。

「228事件」「2,28事件」と言われております記念日で、従って明日も振替の連休ということです。

 

大東亜戦争で負けた日本が、台湾から撤退した後進駐してきた支那中国国民党軍と台湾人の抗争ということになっておりますが、実態は弾圧です。

水道を知らない支那人達は、水道の蛇口をひねると水が出てくのに驚き、金物屋で蛇口を買い求め、壁に差し込んでねじっても、水が出てこないので、金物屋にクレームを付けたというくらいの土人レベル文化程度だったらしいです。

kazan105.hatenablog.com

きっと、金物屋で、今風の「爆買」をしたのかもしれません。

 

原因は、規制されていた闇タバコ売りの老婆が、それを理由に暴行されたことに、端をなして、弾圧されていた征服者である国民党軍に抗議が始まり、それが全国的な規模に広がったと聞いています。

単に国民党軍と台湾人との抗争というより、いわゆる外省人内省人(台湾人)との抗争になりました。

内省人は、誰構わず、知らない相手の「君が代」を歌うことを強要して、歌えないのは外省人として暴行の対象となったようです。

やがて、激しい弾圧への抵抗が高まり、支庁舎への襲撃に変わった頃から、屋上に機関銃を置き、機銃掃射で多数が射殺された反乱事件で、全国的な規模で、主要都市で悲劇が起きました。

高雄市の市立歴史博物館では、専用の228事件コーナーが有って、ジオラマで状況が再現されております。

この博物館の建物自体が、当時の高雄支庁舎で、高雄ではここを舞台に事件が起きましたので、別名「228博物館」、博物館前の公園は「228記念公園」になっています。

 

この事件のせいでしょうか、台湾人は、表立って、他人の批判や、理不尽な事への注意や、抗議をしない傾向があります。

また南部では、台南市や、高雄市が大規模な虐殺が行われたせいで、今でも政治的には国民党より、民進党が強い政治風土を持っています。

画像は、ジオラマを撮影したものですが、光源の関係で、色彩が十分ではありませんが、ご紹介します。

 

ジオラマは大変精緻に作られております。

f:id:kazan105:20160228184220j:plain

現在の博物館

f:id:kazan105:20160228184234j:plain

f:id:kazan105:20160228184247j:plain

f:id:kazan105:20160228184306j:plain

正面一階ロビーと階段

f:id:kazan105:20160228184316j:plain

 

広告を非表示にする