読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか💢支那外交部の【口撃】」

禁歌「美麗島」が30余年ぶりに流れる、初夏の台北の空・祝・祭英文総統就任

5月20日は民主的志向の台湾人の期待であった民進党・祭英文氏の総統就任式が9時半過ぎから、総統府での引き継、就任宣誓、就任演説の一連のセレモニーがTV中継され、昼前に終了しました。

f:id:kazan105:20160520140115p:plain

セレモニー最後には、禁歌「美麗島」が30余年の時空を超えての大合唱で、総統・副総統も熱唱の場面が放映されました。

禁歌「美麗島民主化運動と台湾人の原点になった1979年に高雄民主化弾圧事件です。

就任演説では、支那共産党が強要した「九二共識」を完全に無視し、支那とは対決は避けつつも、妥協と屈服はしないとう決意を見せました。

新時代ですね。kazanが心服する台湾の良心である李登輝元総統も就任式には臨席し、祭英文総統政権がが、李登輝革命の仕上げをするものと期待されています。

歴史の一ページを共有できた幸運を大事にしたいと考えるものです。 この祭英文総統という台湾国の女性元首は、近い将来アジアで大きな影響力を発揮することが期待できます。