読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか💢支那外交部の【口撃】」

沖縄の女性殺害遺体遺棄事件に思う

アメブロには「翁長知事の支那中国への「ご注進」が怖い」というたいとるで投稿した記事です。

 

沖縄の女性殺害遺体遺棄事件で、このような一面もあるのに、マスコミはとりあげていないということは、ある特定の方向に意識を向けさせるという意思が働いているものと思う。

 

先日、facebookでは、沖縄の婦女暴行事件は、非米軍関係者によるものが圧倒的に多く、本土に関しても、関西圏では、在日朝鮮人による婦女暴行事件が、圧倒的な件数が見られるという現実があります。

 

確かに非難されるべき事件ですが、これが直ちに、日米安全保障の枠組を変えるべきものになるとは理解しがたいです。

 

軽々に騒ぐ沖縄県知事がいますが、中国の代弁者である、翁長氏は、このような事件で、国家間の協定や、安全保障上の枠組に影響するなら、さっそく支那中国へ「ご注進」するのではと心配になります。

 

支那中国なら、これと同じような事件を工作することくらい朝飯前の国家です。

殺人、暴行などは、チベットウイグル、過去の内モンゴルでは、実証済で、近年では法輪功学習者に対する弾圧は現在でも進行形です.

 

近い将来、今度は、こうした偶発的な犯罪では、陰謀のような、中国当局による工作、事件の発生の可能性のほうが、むしろ怖くなります。

 

 

f:id:kazan105:20160529183535p:plain


twitter記事を見てると、底抜けに素朴で善良な米国人が見えてきます。 現実の日米安保体制を支えているのは、こうした素朴な良心と旺盛な義務感であることが想像できます。

悲惨な事件ではありますが、視点をかえる大人の冷静な判断も必要ではないでしょうか。

米軍がいるから事件は起きる。 

ならば車があるから事故が起きる。 

それで、車社会を全否定する愚かさだけは排除したいですね。