読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか💢支那外交部の【口撃】」

Free Tibet. 本来、支那は北朝鮮と同じような扱いを受けるべき国

中国

capture-20160618-132641

思わず、facebook の友達の投稿に憤りを感じ、シャアしました。

実態は知っていましたが、ここまでの表現に出会うのは初めてです。

 

友達の言うFree Tibet.

本来、支那北朝鮮と同じような扱いを受けるべき国なのに、日本の政治家や役人・財界人は優遇することばかり考えてきましたねぇ。

オリンピックなども独裁国が開催するのは許すべきではないのに、国際社会が狂った扱いをしてきたと思います。

本当に同意します。

あのような土人国で独裁国家に、13億の人口のほだされた、日米、欧州の責任は重大です。

あのような国に「五輪」をさせたのはのも全く間違いです。 「五輪」「上海博」の開催で、傲慢になった土人たちは、独裁者が、もともとない,ありもしない過去の「栄光」とか支那帝国復活などをほざくから、国民は、その気になって、豚が木に登るように、有頂天、傲慢になっていくのが手に取るようにわかる現実です。

そして、チベットでの事実と同様のことが、南モンゴルで行われ、ウイグルでも現在進行形で行われています。 fbの友達の投稿シェアです。

facebookの記事が完全に反映されませんので転載引用します。

証拠写真、動画、証言があるにも関わらず、これらがすべて
嘘だという中国人。

中国人工作員と言うべきか。

~~抜粋~~ 2008年記事

50年代に粗末な武器で中共軍と対峙したチベットの闘士ゴンポ・タシは、東部カム地方に出現した地獄絵図を詳しく説いている。

ゴンポ・タシの証言。
「女性たちは公衆の面前で素っ裸にされ、夫が罪を認めないと彼女たちはその目の前で強かんされた。長い間男やもめで過ごしていた中共兵に不服はなく、彼らは嬉々として強かんの命令に従った。また夫たちは人びとの前で妻と性交するよう強制される場合もあり、その後たいてい処刑された。そして妻や娘は中共兵に投げ与えられた。

尼僧もこの暴力から免れることはできなかった。裸にされた僧侶は、これも素っ裸にされた尼僧と性交するよう強制され、中共軍はこれみよがしに、“これがチベット仏教とその純潔さだ”と嘲笑った。

その後僧侶たちの多くは処刑され、尼僧は中共兵の餌食にされた。年に関係なくいたる所で女性は強かんされ、それも何度も犯され、揚句殺されていった」
マイケル・ダナム著『中国はいかにしてチベットを侵略したか』140頁)

どうかチベットに慈悲を、ブッダよ。

dogma.at.webry.info