katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

国連関係機関のユネスコの実態

日本人はユネスコとか国連は公明正大で、透明性があって、そこにいる人間は日本の緒方貞子氏や明石康しのような品格の高いそして専門的な素養のある方が実務者として任命あるいは就任している世界と思い込んでいると思います。

ユネスコにイリナ・ボコヴァと言うブルガリア人のコミュニストが事務局長の椅子に座っています。

f:id:kazan105:20160623010257p:plain

ボコヴァ氏は、ブルガリア人で2009年から国際連合教育科学文化機関(UNESCO)の事務局長に指名され、現在に至っておりますが、この方、次期国連事務早朝の座を虎視眈々と狙っており、その目的のため中国に照準をあわせ、ズブズブの関係になっていることはご存知でしょうか?

f:id:kazan105:20160623010423p:plain

〔2015年北京での対日戦争勝利記念式典に夫妻で出席・これだけでも、公平性に疑いがある〕

 

中国とズブズブの関係を構築し、IMF専務理事長に就任したクリスティーヌ・ラガルド氏の歩き方をまなんだのでしょうか?

f:id:kazan105:20160623011000p:plain

ラガルド氏がIMF国際通貨基金の専務理事内就任していらい、ここも中国の裏庭なり、中国は昨年2015年まんまと、紙くず同様の人民元をSDR特別引き出し権通貨に指定さセる工作に成功しました。 

9,000万人の中国人を殺戮、死に追いやった毛沢東肖像画印刷したあの人民元が、IMFの墨付きを得たのです。

これが可能になって、中国は輪転機をフルに回転させ、人民元を刷り続け、どうにかAIIBを立ち上げたというのが実態です。

 

一方、ユネスコのボコヴァ氏は、ラガルド氏を反面教師にしたのでしょうか、昨年2015年世界遺産の記憶遺産に中国が申請した「南京事件」を提出・添付資料無し、「目録」だけで、記憶遺産登録の離れ業を実現させ、見送られた韓国の「従軍慰安婦」は今年2016年の最申請には、韓国の単独申請ではなく、複数国での共同申請の形をとるよう示唆をし、ことし「慰安婦」は共同で記憶遺産に申請されました。

今年の申請はボコヴァしのアドバイスに従い八か国の合同申請をしたことが伝えられていますが、その八か国の中に日本が入っていおります。

 

f:id:kazan105:20160623011452p:plain

合同申請の日本側の団体は東京都新宿区西早稲田に本部を置く、故松井やより氏の流れを汲む、「女たちの戦争と平和資料館」・WAM:Women's Active Museum on war and peace)という反日団体です。

 

 

f:id:kazan105:20160623011834p:plain

日本が多額の運営資金を賄っているユネスコで、日本の総意が反映されず、反日団体が跋扈する場になっていることを許せますか?

日本の良心を逆なでし、貶めるこ活動をしている、「女たちの戦争と平和資料館」・WAM存在を許せますか?

ユネスコ国連が、中国の裏庭になっている実態を看過できますか?

odoaba.com