katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

とどまらない貪欲な支那の野望、これは、いったいどうなってるんだ?

今更ではありませんが、支那人の貪欲さが明確にした出来事がレコードチャイナで紹介されていました。

タイトルは

『北海道は日本の領土じゃない!中国ネットの主張に「北海道が日本から独立することを望む」「北海道も沖縄も日本の領土ではなく、独立国家だ!」』

このタイトルだけをみても、その邪悪な貪欲さが臆面もなく発揮されています。

この劣等民族は、征服者であるジンギスカンの元帝国の最大版図、ヨーロッパも中国の領土だと主張する潜在的な領土拡張野望のDNAが見え隠れすします。

 

この精神的な病気(音表記・センジンピン、漢語表記・神経病、意味・精神薄弱的な馬鹿でこれを言えば、確実に暴力沙汰になる)に病んだ国の、メデア、国民も同様に根幹から病んでいるようです。

2016年6月28日、中国のポータルサイト・今日頭条が、北海道は日本に属する土地ではないと主張する記事を掲載した。

記事では、多くの人は北海道と聞くと日本を思い浮かべるが、日本の伝統的な領土は本州と九州、四国だけで、歴史を知る人は北海道が日本の領土になったのは
明治維新後であることは知っていると主張。ロシアは常々北海道を狙ってきたが最終的には米国との駆け引きで北海道を占拠できずに終わったのだとした。

www.recordchina.co.jp

彼らは、すでに下記にような地図を小中学校の教材として使用しています。

f:id:kazan105:20160831135939j:plain

 

朝鮮半島も中国、沖縄、名古屋あたりから西西日本は中国領、東日本はその管理下にある日本自治区とする植民地です。

南モンゴル満州)、チベットウイグルが同様に自治区で、現実は植民地で、南モンゴルではエスニッククレンジング(民族浄化)ともいうべき虐殺がおこなわれ、チベットウイグルでは今なお日常的な虐殺と弾圧が繰り返されています。

 

この記事に対する支那人の反応が興味深いです。

 

樺太は中国のものです」
「西シベリアバイカル湖はロシアのものではない。もともと中国のものだった」

「ロシアこそ真の泥棒で中国の敵だ。ロシアはクマの皮をかぶったキツネだ」
「チンギスハンが中国に属するというなら、欧州もすべて中国のものだ」

「ロシアの野心は大きすぎ。ロシアは分割して然るべき」
琉球はもともと中国に属していたが、日本に盗られて東シナ海の門が閉ざされた。中国が強大になれば琉球は中国のもとに帰ってくると信じている」

「元の時代に地理を知っていれば、樺太から南下して北海道に入れたのに。そうすれば海風の影響を受けずに済んだのに」
「北海道が日本から独立することを望む」

「北海道も沖縄も日本の領土ではなく、独立した国家だ!」
「俺たちは日本の若者に、北海道はもともと独立国で、日本が侵略したものだと分からせてあげないと!」

 

これは、いったいどういう教育の結果形成される思考でしょうか?

組織だった、系統だった反日教育が徹底的に叩き込まれた結果と見るの普通です。

江沢民政権下でおこなわれ、現在も継続している反日教育の激しさが、想像できできるというものです。

 

そうした背景があるのでしょうか、北海道をはじめとする日本各地の土地、森林が支那資本によって浸食されています。

詳しくは ↓

odoaba.com

 この貪欲な支那支那人に、日本はいつまで甘い顔を見せているのでしょうか?

尖閣列島の危機は明らかにステージが上がりました。

odoaba.com

odoaba.com