読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか💢支那外交部の【口撃】」

蓮舫だけは政界から駆逐しなけらばならない

f:id:kazan105:20160926173310p:plain

学識も教養も知性も人情も哲学もないこの二重国籍者は、天性の「突っ込み」能力だけで、民主党というの素人集団の中で頭角を現し、ついには民主党の代表日なった。

能力的な下剋上と言ってもいいくらいです。

かってテレビのバライエティで、「本当に法学部を卒業したのですか」と明石さんまに言わしめた経歴があるくらい、政治の世界とは縁遠い存在の議員です。

かってお笑い芸人にが、国会議員になり、委員会で、その立場を認識し、謙虚に分をわきまえたピエロであったにに対し、蓮舫は、日本人離れした天性の「突っ込み」能力をひかれかし、ポピュリズムな世界で支持を受けたことをいいことに、高慢に他人の存在を否定するがごとき発言で、優越感に浸ってきた二重国籍者でした。

このような軽薄な人士が、これから参議院のみならず、野党の党首として、技家全体に運営に影響力を行使されるかと想像すると、国民の一人として、怒りを抑えることはできません。

この人間を政界に送り込んだ、東京都民こそ、ポピュリズムのきわみであり、衆愚政治への道筋をつけた、A級戦犯そのもです。

これからは、いままで蓮舫が発信してきた語録を楯に、徹底的なブーメランで対応して、心理的に本人の人格を破壊し、政界から駆逐しなけらばならないと考える、kazanです。

それにしても、蓮舫が代表になる民進党というのは、本当に人材が払底しているとしか言いようがありません。 民進党はは「お子様政治」「政治ごっこ」ができる最高の登竜門かも知れません。

ブログ、アノニマスポストは次のように言っています。

民進党ブーメラン部】蓮舫氏「ミスで済まされる話ではないと思う 調査する」 安保法決裁「5月0日」」のタイプミスに対して~ネットの反応「お前の2重国籍に比べたら」「な? 蓮舫が党首だと何言ってもブーメランになる」「いるよね、自分に甘いくせに他人のミスは絶対に許さないヤツ」

 

anonymous-post.com