読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか💢支那外交部の【口撃】」

フィリッピン・ドゥテルテ大統領は超現実主義者かもしれない

capture-20161011-112602  

 

今、全フィリッピンの刑務所は超過密状態です。

一例として800人収容の刑務所に3800人が収容されていると言います。

  受刑者や拘置者が押し込まれて、折り重なって睡眠をとるのが普通らしいです。

  アメリカ政府が、フィリッピン・ドゥテルテ大統領の人権問題を取り上げています。 おいおい、アメリカさん、矛先が違うのではと思てしまいます。

 

かってシリア内戦に介入せず ISISのテロ的戦闘行為には地上軍の派遣をしないで、ピンポイントの空爆で、その場をしのぎました。

 

金正恩の斬首作戦は掛け声ばかりで、終いには金正恩から、「近い将来 身震いする現実に直面する」とまで恫喝されています。

 

南シナ海へ軍事的攻略を進める中国には、2、3か月に一回の一隻のイージス艦の派遣であとは「口撃」ばかりです。

 

先週は、CIAがフィリッピン・ドゥテルテ大統領の暗殺をもほのめかし、逆にドゥテルテ大統領からは「やれるならやってみろ」とまで開き直られています。  

 

フィリピッピンはマルコス大統領が就任した当時は、東南アジアで最先進国でした。 日本商社は、鉱物資源開発、軽工業、農作物の取り扱いと、円借款に関連したひも付きプロジェクトでイイ思いをしたマーケットです。

 

この時代から光と影のさが鮮明になったフィリッピンでは、貧困と犯罪、売春と失業が進行しこれが不条理な社会構造化を呈しました。

解決手段の無い社会構造の矛盾の、唯一の現実的な治安の回復に大きな成果をもたらしたのは、ダバオ市長時代の強健な犯罪・麻薬狩りでした。

 

しかもそれは、大きな成果をもたらしました。

この経験、方式が、超現実的な速度と効果で、社会治安を可決する術ととして大統領として君臨し、国民がそれを支持するなら、むしろ可とすべきではと思うKazanです。

 

  米国をはじめとする、西側のお節介な人権という良心は、中国の犯罪的ともいうべき、南モンゴルのエスニッククレンジングに近い虐殺、チベッ虐殺、ウィグルの虐殺、法輪功学習者への虐殺と生体臓器狩りに、なにをしてきたというのでしょうか?

 

CIAがナンボのものかは知りませんが、ドゥテルテ大統領のタマを取るのであれば、その前に、 金正恩、シリアのアサド、習近平江沢民の暗殺をするのが先決だろうと思いますが如何でしょう。