katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか?支那外交部の【口撃】」

集団で暴力的抵抗をする中国漁船に、M60機関銃95発、K2小銃9丁で対応する韓国海洋警察

capture-20161112-213410
南朝鮮東亜日報です。仁川(インチョン)ニュース扱いで
韓国の海域で不法操業していた中国漁船を取り締まりで出動した韓国海洋警察に集団で暴力抵抗しようとする中国船に海警が常備武装火器を発砲した。

政府が8日中国漁船が暴力に抵抗する場合の火器を最初に使用した後、報告するようにする指示を発表して依頼4日ぶりのことでしだ。

12日、仁川海洋警備保安署によると、海洋警察警備艦艇1002するなど5隻は同日午前11時16分頃、中国漁船30隻が仁川甕津郡小青島南、西側68㎞の海上たち海域を侵犯しようしたため、警告を出し退去を命令した。

capture-20161112-213147해경 단속에 흉기로 저항하는 중국어선 . 뉴스 /海洋警察の取り締まりに凶器で抵抗する中国漁船。ニュース

しかし、船体に鉄格子を設置した中国漁船は海上警察の警告を無視したまま、特定の禁止区域を5.5㎞侵犯、韓国警備艦艇に突進するなど、逆に警備艦艇を威嚇した。こうした過程で、実際に中国漁船が私たちの警備艦艇との衝突直前の状況まで発生した。

これに海警は武器の使用手順に基づいて警告射撃し、M60機関銃95発、K2小銃9などで、警告・狙い撃ちして退去させた。

と言うのですから、泳げない隊員が多い韓国海洋警察にしては、勇猛果敢な対応です。

続きます。
海警は逃走した中国線の被害状況は確認されなかったが、韓国側の被害はないと伝えた。

海警は中国漁船の違法操業と集団の抵抗が発生しないように、中国当局へ実態を知らせるように協力の要請した。

前海警は11月1日小青島近くの海域で中国漁船2隻を排他的経済水域での外国人漁業等に関する法律違反の疑いで拿捕した後、牽引する過程で、中国漁船30隻がついてきて警備艦艇を脅かしたあめ、M60700余発を撃ち退去させた経緯がある。

今回はM60の機関銃を95発ですから、前回の700発(日本の報道では600発)から大分射撃規模が小さくなりましたが、とても気合が入っているように思えます。

これで思い起こすのは、2年前の小笠原海域に大挙として押し寄せた中国密漁船の集団です。
日本の海保は、送検、立件することを念頭に、そのことにこだわり続け、武器を使用して、威嚇、制圧するということをしなかった事を思い出し、韓国の毅然とした対応に驚かされました。

相手が中国や韓国となると、日本は外交的にな見地からか、火気使用での制圧をなかなかしません。

そこに国民は苛立つわけです。

capture-20161112-221034
それで、密漁された赤サンゴは数百億円と言われておりまあす。

当時の報道です。

そこへ100隻を超える中国の大型密漁船が現れたのは9月だった。一時は200隻を超えたが、日中首脳会談の開催とともに
半数が姿を消した。まだ居残っている100隻強の密漁船は一攫千金を手にするまで諦めない連中なのだろう。
報道のカメラが100トンを超える中国旗を掲げた密漁船を撮影しても、甲板の乗組員はタバコを吸って動じる様子もない。
ぬけぬけと網を入れて操業を続ける密漁船すらいた。

kazanに言わせると、どこの世界に、テメイの国の国旗をかがげて密漁する密漁船がありますか?

これは海上民兵を使った、あきらかな挑発でした。
capture-20161112-221201
あれだけの密漁船が来て、逮捕したのは数人で、拿捕船数も4,5隻だっと記憶しています。
日本の場合は画像の様な対応で現行犯逮捕前提ですから、200隻を超える密漁船が押しかけると、もう対応はできません。
完全に舐められています。

比較すると、この件では韓国に軍配があがります。

海保だけで対応ができなければ、海自なり空自が対応すればいいだけの話です。
残念なことです。