読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか💢支那外交部の【口撃】」

サーバー移転につまずき、ブログ投稿が途絶えております

北朝鮮

WordPressでブログを運営しておりましたが、データベースの数に不満がありまして、他のサーバーに移転を考えたのが、1月の下旬です。

 

2月に契約をし、移転作業を始めたのですが、中々思うように行きません。

原因は海馬の退化による思考理解力の減少であることは間違いないのですが。。

 

忸怩たる思いに、苛まされているkazanです。

今日は気分一新して、ブログへ挑戦し、流を変えようと考えました。

考えてみれば、今の自分の甲斐性では、電話対応サポートがあるサーバーでなければ、チョットばかり敷居が高いような気がして。。

反省することしきりです。

 

閑話休題

同じく忸怩たる思いで、引きこもっている、御仁が北朝鮮にも一人おいででした。

かの有名な将軍様です。

先日弊facebookページに埋め込んだtwitter記事です。

 

昨日の産経紙系夕刊フジwebサイト「zakzak」では、加賀孝英氏が、

北朝鮮制圧のXデーと、5月9日予定の韓国大統領選との関連とは。こうしたなか、ジャーナリストの加賀孝英氏が正恩政権に直結する人物に接触すると、「日本を攻撃する」「火の海にする」と恫喝(どうかつ)してきた。衝撃の緊急リポート。

www.zakzak.co.jp

文面を追えば、そのXデーは一見5月の9日の韓国大統領選のスケジュールにリンクさせての読みかとも想像します。

 

しかし、選挙をやれば、親北・左翼・北朝鮮容認派が、かなりの勢いで圧倒的な勝利を手にするだろうと想像できますから、違っった見立てもあるのではないでしょうか?

例えば、今第一陣、第二陣のTHADD配備が終わりましたことは報道されております。

ならば、あと残りの、第三陣から五陣、あるいは最終的な六陣くらいまでの最終配備の完了を持って、斬首作戦の実行と見る確率の方が高いような気がします。

 

理由は、リベラル系の新政権が政権を取れば、もともと、親北派ですから、戦線背後の兵站や、韓国軍のサポートが期待しにくくなります。

ならばいっそのこと、親北派政権の誕生を見越して、その前に一気に金正恩を葬るという構図が見えるようでりません。

北朝鮮の新政権は、米国の傀儡あるいは、米中の傀儡、更には米中ロの傀儡に成る公算が大きいのですが、その政権の手にする人物はどんな人間でしょう。

kazanは過去に、金正日の実兄にあたる、駐チェコ駐在北朝鮮大使・金一平氏の可能性を予測しました。

f:id:kazan105:20170315203053p:plain

最近のマスコミ報道では、亡命し、亡命政権を立てるような報道がなされる、金正雄氏の長男である、金ハンソル(漢名不明)氏が浮上しているようですが、年齢は21歳です。

この若さは、現在の金正恩が政権に着いた年齢を一回り若くした状態ですから、世界は、というより、