読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

katuskazan高雄政経ブログ

東京下町・淺草から台湾高雄にワープした活火山の言いたい放題&宣戦布告・「支那のプロパガンダと 【歴史戦】を戦う」「負けるか💢支那外交部の【口撃】」

サーバー移転で、リニューアルしたブログサイト・最近のfacebookの事情

wordpressのテーマ・「simmplecity」

サーバー移転で、四苦八苦したkazanです。 wordpressのテーマを「simmplecity」に変更しました。 大変な可能性を秘めたテーマですので、ようやく気持ちの中にエンジンがかかったような気がします。 今回の変更で、一番便利になったのがリンクカードです。 使用例です。 https://wp-simplicity.com/external-blog-card/ いですね、気に入りました。

最近のfacebookの事情

日頃より、facebookではfacbookページに重点を起き、ページ「台湾海峡黙示録」を運営して、投稿記事のグループシェアをし、少ない日で、8,000前後、多いときには50,000前後のリーチ数をカウントしてきました。 https://www.facebook.com/katsukazanJp/ ページタイトルが、「台湾海峡黙示録・改」「改」の字が挿入されております。 理由は今年の1月に、ページのあるページがfacebook投稿規定違反でアカウント停止になり、投稿先の「台湾海峡黙示録」がページ削除になったためです。 この一年位、facebook 社による、「言葉狩り」ににた言論統制はかなりっ執拗になり、 記事削除になったり、投稿機能の停止がかかったりして、連日不愉快の思いをしているkazanです。 この程度の記事の何処が、facebook投稿規定違反になるのか、全く常識では理解できません。 これの何処の差別が、ヘイトがあるのでしょうか、不思議になります。 この実態を拡散させるために、facebookのタイムラインには、テキスト文を全て画像にして自分のタイムラインに投稿し、それを大所帯のグループ「報道もされない事実」と「Kokumin no Koe」にシェアしました。 こうした背景にあったのが昨年の「パヨパヨチーン事件」であり「蓮見リスト事件」です。

「パヨパヨチーン事件」と「蓮見リスト事件」

昨年来、Facebook関連では、「パヨパヨチーン事件」が起きて、左翼による保守系の一部の投稿グループが、facacebook社から日本のfacebookサイトのプラットフォームを含む管理運営を委託されている、フィンランドのサイバーセキュリティ会社である、F-SECURE・Japan社に紛れ込んだ、左翼の幹部社員の久保田直己(退職)により、保守系のサイトのシンパのリストが作成された騒動事件です。 http://dic.nicovideo.jp/a/%E4%B9%85%E4%BF%9D%E7%94%B0%E7%9B%B4%E5%B7%B1 https://twitter.com/search?q=%23%E3%81%B1%E3%82%88%E3%81%B1%E3%82%88%E3%81%A1%E3%83%BC%E3%82%93 政治社会風刺漫画家であるはすみとしこは、facebook上で、多くの保守的な発言を発信して、その内容に共感する友達も多く、その投稿に多くの<いいね>が付くのが多いタイムラインでした。 それを、実際に社青同の活動家という裏の顔を持つ久保田直己が、その社内の同様の左翼の仲間・社員と共謀し、facebook日本社の実質管理運営業務を委託している業務上の立場を利用し<いいね>をしたfacebookユーザーのリストを作り上げたことです。

ここからは推測と疑惑

このリストが、左翼と反日の巣窟である、西早稲田2-3-18にある公益財団法人早稲田奉仕園と言う名のキリスト教系で、日本キリスト教会館、日本基督教団早稲田教会、日本パブデスト同盟東京平和教団がありますが、実態は反日と左翼の巣窟です。 その実態をブロガーで行橋市市議会議員の小坪しんや氏のブログで詳細が検証されております。 https://samurai20.jp/2015/01/nishiwaseda2-3-18/ 表の教団と裏の雑居した団体から見えてくるものは、その中の一部の反日、親韓グループがパヨパヨチーン久保田直己から入手したリストに基づき、facebook上で、カウンターアクションをを起こしたことです。 さらにそのカウンターアクションの様々な特殊性から、パヨパヨチーンは、違法な検索システムをfacebook日本サイトのサーバーがある韓国のサーバーあるいは日本と端末をつなぐ裏システムを構築した疑惑が出てきているのです。 つまり、 個々の膨大な投稿を人海作戦で、対応することは困難 テキスト文に対する反応には敏感に反応するが画像には反応しない 特定のURLと予めデーターベース化されたキーワードが一致すると即座に反応する。 「反応する」ということは、彼らの裏シウテムにヒットした記事情報が自動的にfacebookの公式機能である「!投稿を報告」にリンクされているということです。 その結果、字j動的に、しかも公式に「機能停止」や「アカウント停止」「ページ削除」「アカウント削除」のペナルティが課せられます。 そかもそれが、社会的に発信力ある、著名人や言論人の投稿にはリンクされていないということから、特定のいっぱんfacebook ユーザーをターゲットにしているという陰湿さもあわせて、紹介しておきたいと思います。

以上のことで

このような背景がほとんど、自身の投稿からほとん確証を得たことから、今後は、facebooへの政治的発言をすべて画像処理をしてブログへのリンク処理をし、実態説明をブログで発信していくことに決断をしました。 またそのことで、ブログカテゴリーの煩雑化が予想されますので、カテゴリーが肥大化した時には、それをホームページ化し、ブログとリンクさせせる手法を構築しました。 余計な神経を使うことなく、投稿に専念すれば、ストレスも溜まらず集中力も高まり、文章の変換ミスも少なくなるのではと、期待しております。 今後共、よろしくお付き合いと、ご指導を賜りたいとお願いする次第です。